「創ろう くまもとの未来!」

平成28年熊本地震に対する義援金使途について報告

(熊本県PTA連合会)

平成28125

1 現在までの義援金額等(125日現在)

  ア)日P経由分6,492万円(6月)+1,800万円(8月)+75万円(911月)

  イ)ベルマーク財団より約300万円(益城町・阿蘇市への給食支援として)

  ウ)九Pより50万円(益城町・阿蘇市への給食支援として)(現物支給)

  エ)大塚製薬より約100万円(益城町・阿蘇市への給食支援として)(現物支給)

  オ)その他、各地のPTAより直接振込 約2,000万円

                              総額 約10,800万円

 

2 現段階までに配布した義援金

被災地域や学校とは、罹災証明有りの会員が1割を超えている学校とする)

①保護者が死亡された生徒への見舞金 1件              100万円

②被災児童生徒及び学校に対する支援                1,020万円

・被災地域の学校に対する支援(図書購入費用など)110万円×102校へ配布

③被災地域の単位PTA・郡市PTAの活動支援

・心のケアなどに対する講演会 給食支援、炊き出しなどの食材費支援等

 140万円限度で25件程度、郡市Pを通じて支援        1,000万円

・郡市PTA会費、単位PTA会費などの補填による保護者の経済的負担軽減

被災地域郡市PTA5カ所へ                  2,200万円

④県内全体のPTA活動活性化による熊本の未来づくり        2,182万円

  各郡市PTAの活動支援、イベント等での活性化支援

  分担金減免による経済的負担の軽減

⑤益城町・阿蘇市への給食支援                    300万円

被災直後、簡易給食だった両市町の学校へ栄養補助食品の支給を行った。

 

3 今後、義援金を活用する方向で検討している金額

  ①給食センターが被災し、立て替えまで2年を要する益城町の児童生徒3000人分の給食支援として                       1,800万円